筋トレ・健康

筋トレする時期と時間帯まとめ!

SoftBank Air

今年もあと少しみなさんどうお過ごしですか?

どーもいせごりくんです。

今回は筋トレするときに大事な時間帯と時期について詳しく知っていきましょう!

これはとても大事で、筋トレをやっている人なら、ぜひ頭の中に入れておきたいですね

( ^ω^ )

寒い時期こそトレーニングに打ち込むべき理由

image1
寒い日のトレーニングをオススメするのには、きちんと理由があります。
まずは、なぜ寒い時期にトレーニングに打ち込むべきなのかを考えてみましょう。

理由①|人に圧倒的な差をつけられるため

「寒い日はトレーニングする気にならない…」そう思ってしまうのは人間心理として当然のこと。
気温が低いと、外に出ることさえ億劫に感じるものですし、カチコチに固まったカラダのせいで運動もより一層キツく感じてしまうものです。しかし、そんな誰もがモチベーションの低下を避けられない寒い日だからこそ、トレーニングの結果に差がついてしまうのも事実。日本でいえば一年を通して寒い時期はせいぜい3~4ヶ月。その期間をサボらずしっかりと継続的にトレーニングに打ち込むだけでも、他人との差は明確に広がります。
人間の心は本来とても弱いもの。気温の低い寒い日や雨風の強い日は、どうしてもトレーニングを中止にする言い訳が見つけやすい日でもあるのです。そんな大半の人がトレーニングを中止にしてしまう日だからこそ、他人に差をつける絶好のチャンスと捉え、考え方を改めてみることも大切でしょう。

理由②|夏に向けたトレーニング時期として最適なため

鍛えたカラダを周囲に披露しやすいタイミングはいつか…。そう、それは間違いなく露出機会も増える夏の時期です。
外の気温が暑くなって露出が増えだす頃には、筋肉で引き締まったカラダをアピールしたいと誰もが画策することでしょう。そんな夏に向けて、きっちりカラダを仕上げたい人は特に寒い冬場のトレーニングを疎かにしてはいけません。なぜなら、鍛え上げたカラダが見た目の変化として現れるには最低3ヶ月、しっかり変えるのであれば6ヶ月は必要となるからです。仮に7月頃を目途に引き締まったカラダを作るためには、12月~1月頃にはトレーニングを開始しておく必要があります。夏が間近に迫ったポカポカ陽気の春から急ピッチでカラダを鍛えるのでは、遅すぎるのです。

きっちりカラダの変化を作るためには、基本的に半年以上かかること、その上で露出機会の増える夏に向けてトレーニングへ取り組むのであれば、冬をはじめとした寒い時期のトレーニングは必然的に避けられないということを理解しておきましょう。

寒い時期にトレーニングするメリット

image2
寒い時期のトレーニングは、何もツラいことだけではありません。寒い時期だからこそ得られるメリットもあります。

メリット①|エネルギーの消費量が多く、痩せやすい

カラダはどんな環境でも常に一定の体温を保っています。これを「恒常性」と言います。
特に冬など寒い季節は、自然とカラダの体温は下がりやすく、この体温を維持するために代謝が高まりエネルギーの消費量が多くなるのです。そのため、寒い日は他の時期と比べて体脂肪が燃焼しやすく、トレーニングをすることによって痩せやすいというメリットが得られるのです。

メリット②|摂取カロリーを抑えることができる

冬をはじめとした年末年始などの寒い時期は、何かとイベントや行事が多く重なり、自然と食事の回数や量も増え、どうしても不規則な食生活に陥りがち。そんな怒涛のイベントラッシュに伴い、摂取カロリーと共に体重も一気に増えてしまいがちですが、それでも普段から定期的にカラダを動かす習慣が身についていれば、ある程度食事の量が増えたとして、トレーニングによって摂取したカロリーをきちんと消費することができ、結果的に太りにくい体型を維持することができます。加えて、日頃よりカラダを鍛えておけば、連日連夜のイベントに伴い摂取カロリーが増えてしまうことに対する罪悪感から、自然と食事の量をセーブしようという意識が働き、自らの意思で暴飲暴食を防げるというメリットも得られます。

寒い日は「屋外」と「屋内」どちらでトレーニングすべきか?

image3
基本的に寒い時期は、外に出るのも億劫に感じるため屋内でのトレーニングを中心にする人も多いと思います。「屋外」と「屋内」ではトレーニングの効果に違いはあるのでしょうか?

●エネルギーの消費量を増やすなら「屋外」がオススメ

ウォーキングやランニングの場合は、屋内であればトレッドミルというマシンで同じような運動をすることもできますが、エネルギー消費量の観点からみるとやはり屋外でトレーニングした方が効果は高いと言えます。もし体脂肪を減らし痩せたいという人であれば、よりエネルギーの消費量が期待できる屋外のトレーニングを選択すべきでしょう。

●トレーニングの頻度を上げるなら「屋内」がオススメ

反対に、もともとトレーニングの頻度が少ないという人であれば、エネルギーの消費量という観点では劣りますが、より快適な環境で頻度を上げてトレーニングに打ち込める「屋内」を選択した方が効果的と考えられるでしょう。非常に悩ましいですが、「屋外」と「屋内」どちらを選択すべきかのポイントは、トレーニングの継続性です。もしさほど寒さが気にならない、もしくはカラダを鍛える意志の固い人であれば「屋外」を選ぶべきですし、できるだけ快適な環境で頻度高くトレーニングに取り組みたい人であれば「屋内」でのトレーニングを選ぶと良いでしょう。

寒い時期でもモチベーション高くカラダを鍛えていくためのコツ3つ

image4
「頑張る気持ちはあるけど、寒いとなかなかモチベーションが高ぶらない…」という人は、様々な工夫でモチベーションを向上させてみましょう。

その①|マラソン大会にエントリーする

寒い時期のトレーニングに対するモチベーションを高める上で効果的な方法の一つが、大会などへ参加するという目標を作ることです。特にこの秋から冬にかけたシーズンは、全国各地で数多くのマラソン大会が開催されており、それに向けて走り込んでいる人も少なくありません。運動に取り組むキッカケや続けていく目的が見当たらない場合は、やみくもに始めてみるのではなく、まずは何かしら大会にエントリーしてみることから始めてみると良いでしょう。始めにトレーニングを続ける動機を作ってしまい、それに向けて「やらなきゃマズい!」と思えれば成功です。

その②|外出前に自宅で軽く筋トレをする

トレーニングに対するモチベーションが高まらないのであれば、逆に筋トレを通勤・通学前のウォーミングアップにしてみてはいかがでしょうか。朝、暖かい家から外に出るのはツラいものです。特に朝は体温も低く、カラダが温まっていないため寒さを強く感じますよね。そんな時は家を出る前に軽い筋トレを取り入れてみましょう。短時間でも筋トレを取り入れればカラダも温まり、外に出ても苦になりません。寒さ対策と同時にカラダも鍛えられて一石二鳥です。

その③|トレーニングの内容とカラダの変化を記録する

ダイエットやボディメイクを目的としたトレーニングであれば、実際のトレーニングの内容やカラダの変化を小まめに記録しておくべきでしょう。それが後に「今日は休みたい」や「もうやめたい」というモチベーションの低下を防ぎ、維持向上に役立ちます。

中でもトレーニングの実施日とカラダの写真撮影は特にオススメ。後になって見返した時に自分の努力と変化を視覚で把握することができるからです。


寒い時期にしっかりと筋肉の量を増やしておき、夏に向けて徐々に体脂肪を落としていくというイメージでカラダ作りを行うと、夏本番にはベストなカラダに仕上がること間違いなしです。
寒さに負けずトレーニングに励みましょう!

夏が終わると9割の人はジムから姿を消す

個人的に大好きな言葉の1つに

「人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である」

という言葉があります。(ナポレオンの言葉)

この言葉は人生においてかなり重要な考え方です。むしろこの考えからができない人は何をやっても大した成果は出せないと感じています。

夏直前の「6〜7月にゴールドジムへ入会した人」の8割以上は、10〜11月(秋)になるとその姿を消します。

その理由は簡単で、

「ビーチに繰り出す夏が終わったから、もう筋トレ・ダイエットはしなくても大丈夫かな」
「最初に払った2ヶ月分の会費もちょうど終わるし、もう筋トレは必要ないかな」

という2つの思考がちょうど重なるのが「秋」という季節になっているからです。

秋を超えてきた「筋トレして自分を変えたい!」とマジに思っているトレーニーたちは、

次の12~2月(冬地獄)でさらにふるいにかけられてその数を減らします。

「寒いから」
「雪が降ってるから」
「忘年会だから」
「クリスマス前だから」
「年末だから」
「どうせ正月に太るから」

数えあげればキリがないぐらいの理由を列挙して、最終的には9割の人がゴールドジムから「さようなら」をしていきます。

でも実は「それって凄く勿体ないことをしてるんですよ!」と声を大にしてみなさんに教えてあげたいです。

秋・冬の筋トレこそ理想のボディを作る最大最高のチャンス

「秋冬の筋トレこそ、まさに逆張りだ」

なんか名言っぽくていいですね、これ。

秋冬の筋トレは筋トレマニアからすると「ボーナスタイム突入!!」ぐらいに感じます。

筋トレする人は少ないからマシンは使い放題、会員数が減ってジムの質は上がるので周りはお手本のような人ばかり。

秋冬の筋トレをやらない理由がないぐらいに最高の環境が整った状態が秋冬なのです。

それでも多くの人が筋トレをやらない理由って皆さんは何だと思いますか?

僕は「チャンスに気がつけない人」が世の中には多いんじゃないかな、と考えています。

チャンスに気がつける人間になろう

投資で例えるなら「リーマンショック」の時期が、まさに筋トレで言う「秋冬」の時期なのです。

リーマンショックの時期は世界的に不景気で、「就職氷河期」なんて言葉が流行ったりして、世界の株式市場が冷え込んでいました。

しかし逆に、リーマンショックを「チャンスだ!!」という人たちも一定数いました。

それはどんな人たちなのか?

それは「先の見通せる投資家たち」です。

(カッコイイ言葉で言うなら「長期的な視点で物事を考えられる人」なんていうかもしれません)

冷え込んだ株式市場は見方を変えれば「自分の資産を増やす絶好のチャンス」とも言い換えることができたのです。

しかし、多くのミーハー投資家は

「こんな冷え込んだ相場で何言ってるの?お前バカなの?w」

と考え、資産を投下することはしませんでした。一方、「先の見通せる投資家たち」は、

「ふははは!!ようやくこの時が来たか!ボーナスタイム突入ぜよ!!!!」

と考え、莫大な資産を投資し、数年後に明ける夜明け、すなわち「春の訪れ」をウキウキしながら寒い寒い冬の時期を過ごしているのです。

そしていざ冬が明け、春になったら「ヒャッホー!資産が3倍になったぜよー(゚Д゚)ノ)」と部屋で狂喜乱舞するのです。

そしてミーハー投資家は「投資しておけば良かった(/_;))」とシクシクむせび泣きのです。

これが「秋冬の筋トレこそ、まさに逆張りだ」という言葉の意味です。

「休憩時間」
「誰もやっていない時期」
「誰も注目していない時期」

これらのタイミングを「チャンスだ!!」と捉えることができる人が夏に笑って海に立っているのです。

秋冬の筋トレこそ「人生の分水嶺」と言っても過言ではないのです。

秋冬きっちり筋トレをすることで、メリハリのあるナイスなボディが誕生する

秋冬にしっかり筋トレを行っているからこそ、夏のビーチのフラッと現れる

「腹筋バキバキで大胸筋が歩いてるようなイケメンなお兄さん」
「ワンピースに出てくるナミさんやニコ・ロビンのようなセクシーな水着美女」

たちが登場するのです。

当たり前ですが、彼ら、彼女らは、

生まれ持った高いポテンシャルだけで、あそこまでの体を作っている訳ではありません。
(中にはそういう人もいるかもしれませんが、、、)

春夏はもちろん、秋冬にもしっかりとした筋トレを行い、1年を通して徹底した食事管理を行なっているからこそ、あそこまで見事なナイスボディに仕上がっているのです。

それではこの辺りで「秋冬に筋トレをするとどんなメリットがあるのか」について見ていきましょう!

秋冬に筋トレをする3つのメリット

①増量期の秋冬に筋トレをすると、春夏組に比べて筋肉量が2倍以上の差が出る

増量期の秋冬に筋トレをすると、春夏組に比べて筋肉量が2倍以上の差が出ます。

冗談じゃなくてマジでそのくらいの差が出ます。

当たり前ですが、筋トレは長く続ければ続けた分だけ、筋肉量は比例的に伸びていきます。
(約3年以上継続すると横ばいになってくる)

春から3ヶ月間しか筋トレをしていない人と、10月〜11月から筋トレを始めた人(10ヶ月間)とでは、2倍以上の明確な差が生まれます。

投資と一緒で「福利」という概念です。

オマケに春から筋トレを始めると「もっと激しい筋トレしなきゃ!」と時間がないことに焦りを感じ、

1回の筋トレに2〜3時間かけている人も珍しくはありません。

人間が集中して筋トレできる時間は長くても1時間が限界です。

1時間を超えると集中力が低下してケガのリスクも高まりますし、何より効率的ではありません。

なので、しっかり増量期の秋冬からしっかりと筋トレをしておくことをオススメします。

そうすることで満を持した体で「優雅な春」を迎えることが可能になります。

②増量期の秋冬に筋トレしておくと、春夏にかけて「脂肪を削る作業」だけに専念できる

増量期の秋冬に筋トレをしておくと、春夏は「脂肪を落とす作業」だけに集中できます。

増量期の秋冬に筋トレをしない人は、春が訪れると筋トレを始め、筋トレが習慣化出来ていない時期に「脂肪を削り取る」という作業を始めなければなりません。

そうしないと夏のビーチボディに間に合わないからです。

客観的に見ても超過密なスケジュールな上に、春から筋トレを始めてつく筋肉量なんてたかが知れているので、脂肪を削ってもナイスなボディは浮き出てきません。

ひたすら肉体的・精神的に疲弊する言わば「究極のハードコア1人SMプレイ」を半年間ただなんとなく続けるだけです。

(1人SMプレイが好きな人は頑張ってくださいw)

なので、「秋冬に筋トレを習慣化して、春夏は脂肪を削る」というスケジュールがボディメイクの1番の理想形です。

実際にボディビルダーや、トップアスリートたちも秋冬の増量期にしっかりと筋トレをして体を作りこみます。

そしてシーズンに入る前に脂肪を削り、コンディションを高めていくからこそ、シーズンでハイレベルなパフォーマンスを生み出すことができるのです。

③増量期の秋冬から筋トレをしておくことで「筋トレ・ダイエット」の手直し・修正ができる。

春から筋トレを始めた人は、めちゃくちゃに忙しい半年間を送ることになります。

「どこのジムがいいのかな?」
「プロテインはどれがいいのかな?」
「夕食は何を食べた方がいいのかな?」
「やっぱり有酸素運動はした方がいいよね?」、、、etc.

これらを短期間で調べ、覚え、実践し、合わない部分は捨て、修正をしなければなりません。

おまけに筋トレは習慣化できていませんから、そもそも筋トレ自体を継続出来るか分かりません。

万が一継続できたとしても「効果的な筋トレ」が出来ているのか分からない状態です。

ひょっとしたら「分からないことが分からない」という1番辛い状態に陥ってしまうかもしれません。

夏のビーチボディを目指すのは結構厳しくないですか?

これが増量期の秋冬なら話は全く変わってきます。

秋冬なら夏まで時間はたっぷりありますから、いくらでもリカバリーは可能です。

(実際に僕のダイエットも冬から始めましたし)

春先では「新たな環境に慣れる疲れ」「五月病の無気力感」などの時間と心に余裕がない状態が続きますので、リカバリーは困難を極めるでしょう。

時間と心に余裕のある秋冬にしっかりと筋トレをしておきましょう。

 

ではまた( ^ω^ )

ABOUT ME
isegorikun
isegorikun
いせごりくんです!20歳頃から様々な事業を立ち上げ、2015年ごろから本格的に株式会社を立ち上げ、従業員15名以上の経営者です。音楽活動もしており、カンボジアやタイ東南アジアを横断。ギターを担いで各地で路上ライブ経験あり、DAM公式大会東海地区1位、EXILEオーディション、3代目オーディション出場経験あり。21歳の時某事務所でCD発売の経験あり。最近では歌にも集中して、筋トレに夢中でサプリや筋トレ方法を勉強中。今は漫画刃牙に出てくる烈海王の身体を目指し筋トレ中。