ビジネス

2020年に来るビジネスと日本経済について

SoftBank Air

どーも経済研究家であり、筋トレをこよなく愛するアーティストいせごりくんです。

今回は迫りくる2020年に流行るビジネスをいせゴリくん視点から研究し、ビジネスを始める人、これからなにをすれば良いかわからない人、今の環境を変えたい人にぜひ最後まで見ていってほしい。

いせごりくんがネットで調べた時間20時間分を5分で一気見できます。

 

 

まずは今までの安倍政権のことを復習していこう。

そうすることで、未来が少しずつ見えてくる。

 

2020年から間違いなく日本は変わります。

日本過去最長の安倍政権が終わり、世の中に隠していたが一気に溢れ出す時代になります。

 

膿とはなにか?

安倍政権でしてきたことで最大の出来事は一体なんだっただろうか?

 

アベノミクスだ。

 

アベノミクスと言われて何のことかわかる人はどれだけいるだろうか?

アベノミクスで最初に行ったのは「第三の矢」である。

  • 法人税の引き下げ。2014年に2.4%引き下げ、数年で20%台に引き下げ。
  • 規制の撤廃、エネルギー・農業・医療分野の外資への開放。
  • 働く母親のために家事を担う外国人労働者雇用

そして2015年にもう一度新しい「第三の矢」を放った。

  1. 希望を生み出す強い経済
  2. 夢を紡ぐ子育て支援
  3. 安心につながる社会保障

詳しく知りたい方はアベノミクスとgoogle検索で調べてほしい。

結果簡単にまとめると

第1ステージは「お金をバラまいて、景気を良くする!」がテーマ

第2ステージは、第1ステージの恩恵を受けにくかった「地方・こども・高齢者」がテーマ

となる。

 

さあ結果、安倍政権はどうでしたか?

世の中が景気良くなりました?

住みやすくなりましたか?

きっとなにも変わらないという人がほとんどではありませんか?

確かに恩恵を受けた方はいるかもしれません。

 

日本は自国の景気回復ばかりに気を取られ、なにをしても世界の投資家たちは日本の経済に興味はありませんでした。

簡単に言えば日本のスポンサー活動は失敗に終わってしまったということです。

 

経済は一向によくならず、世界的に見た友好関係もさらに悪化。

結果どうなったか・・

 

戦後最大の借金を日本は背負うことになりました。

世界で一番借金が多い国になります。

こんなに借金している国は日本だけです。

では借金をたくさんしたらどうなるでしょう?

もちろん破産しますよね?もちろん国も破産します。

想像できますか?

警察も役所にいる人たちの給料は国から出てます。

そう公務員がほとんどクビになります。

マスコミもテレビでも絶対に扱わないニュースです。

※ジャーナリストの池上彰は似たような事はいいますが、かなりオブラートに包んで説明しています。

 

近年ではギリシャという国が崩壊し、破産しています。

ストライキを起こしていた人たちのほとんどはギリシャの公務員の人たちです。

 

昔はロシアも破産していますね。

 

ロシアの大富豪がロシアのお金の貨幣価値がなくなり、子供たちがその紙切れで遊んでいる実際の画像です。これ教科書に載っているんですよ。知っていましたか?

 

画像

現実にこういうことが世界では起きています。

 

 

ですが日本は破産していない。

おかしいですよね。。なぜでしょう・・

この話は長くなるので割愛します。

 

そうして長かった一つの時代が終わり、新しい時代の幕開けになります。

さあ、どう思いましたか?

あなたが住んでいる日本はとても危機的な状況にあります。

こうはいっても日本は世界が誇る先進国である事は間違いない事実です。

だから自分たちは危機的な状況を感じることなく平然と暮らしていけるのです。

先進国で自国愛が一番ない国でも有名です。

海外の人によく聞かれることにこういう質問があります。

 

 

「日本が誇れるものはなに?」

海外の人は自国愛が強いので、すぐ答えれる質問です。

 

 

 

 

 

たいていの人が、富士山!とか治安が良い!とか答えると思います。

基本この2点です。

 

他に思いついた方は自国愛があるようですね( ^ω^ )

 

では先進国から日本が外れる時代はくるのか?

もちろんさらに借金をして日本が破産したらそうなります。

消費税増税したじゃん!

全くの無意味です。なんの解決策にも繋がりません。

 

なぜこういうことを国と政府は繰り返すのか?

 

はっきり言います。

全ては国民に情報を隠すためです 都市伝説なんかではありません。

日本が危機的な状況と気づかれないように。。

 

もちろん情報社会の時代。

 

近いうちに全てバレるでしょうが。

 

2020年 他の国は一体どうなる?

 

 

もちろん世界の国々は自国を守るために必死です。もちろん日本も。

韓国や北朝鮮。アメリカの移民問題。香港のデモ。どれも自国を守るためです。

誰も他の国のことなど考えていません。

これは国をベースで考えた場合ですが、一人一人も同じことです。

自分たちがどうあるべきなのか、2020年は考える必要があります。

そして行動しない人間は排除されていきます。

 

2020年から外人が波のように押し寄せてきます。

トランプ政権はまだまだ続きます。きっと次期大統領政権もほぼトランプでしょう。

アメリカの景気は良くなっていますからね。。

アメリカの移民問題は?

もうトランプは強行手段に出ることでしょう。

武力行使?壁作る?

 

わかりますよね?アメリカに負けた敗戦国。

 

日本ですよ。

 

移民が大量に流れてきます・・・

アベノミクスの「第三の矢」覚えていますか?

準備は淡々と整えられています。

 

あなたは2020年どう生きていきますか?

いせごりくんブログではこれから起こる情報社会において、どう生きていくべきか。

どう動いていけば良いかを学び、

行動していくことをブログに詰め込んでいます。

いせごりくんブログを常にチェックして、新しい時代を歩んでいきましょう。では。

ABOUT ME
isegorikun
isegorikun
いせごりくんです!20歳頃から様々な事業を立ち上げ、2015年ごろから本格的に株式会社を立ち上げ、従業員15名以上の経営者です。音楽活動もしており、カンボジアやタイ東南アジアを横断。ギターを担いで各地で路上ライブ経験あり、DAM公式大会東海地区1位、EXILEオーディション、3代目オーディション出場経験あり。21歳の時某事務所でCD発売の経験あり。最近では歌にも集中して、筋トレに夢中でサプリや筋トレ方法を勉強中。今は漫画刃牙に出てくる烈海王の身体を目指し筋トレ中。